読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近見た映画の話:マイフレンドフォーエバー

めっきり寒くなってきましたね。

 

最近はコートだけじゃ寒さを凌げないんじゃあないかと思い始め、できる限り厚着をして出ていくようにしています。(あんまり厚いヒートテックなどを着ると室内で汗をかいてしまいますが・・・)

 

後はダウンですね。あれは素晴らしいものだ。見た目にあまり気を使わない人にとってはとても便利グッズです。

 

ダウンもオシャレな着方をすればとってもオシャレになりますけどね。

 

さて、今回はちょっと古い映画を見ました。

f:id:kzmst:20170127185400p:plain

 

『マイフレンドフォーエバー』です。

 

原題は『The Cure

 

 前々から評判は聞いていたので、ぜひ一度は見てみたいと思っていましたが、中々一歩踏み出せず・・・

 

自宅にあったDVDが埃をかぶっていました笑

 

 

 

 

ネタバレな話をしますまだご覧になっていない方、これからご覧になる方は見ない方がいいと思います。

 

 

あらすじ

 

育まれていく友情

 

エリックとデクスターと大人

 

大人って何だろう?

 

 

 

あらすじ

 

街に住むエリックは、休日は一日中テレビゲームをする孤独な少年だった。

彼は最近、家の裏に引っ越してきた少年デクスターが原因で、学校ではホモと呼ばれ、からかわれていた。

デクスターは輸血がきっかけでHIVに感染しており、彼もまた孤立していた。最初は警戒していたエリックだが、ふと話したことがきっかけで、二人は親友になる。

そんなある日、エリック達はスーパーのある雑誌広告を見つける。それはニューオーリンズにて、とある医者がHIVに関する特効薬を開発したというものだった。

エリックはデクスターと共にミシシッピ川を下り、治療薬を求めニューオーリンズに向かう旅に出るのだった。

 

 

育まれていく友情

 

少年、少女時代って何故かすぐに他人と仲良くなれましたよね。

皆さんはそういう経験ありませんか?

エリックとデクスターもすぐに打ち解け、いろんな遊びを始めます。

人形を燃やして戦争ごっこをしたり植物の枝に人形を首吊り死体のように括り付けたり・・・結構ハードでバイオレンスな遊びですね(笑)

カエルを捕まえて、どうする、火で炙る?と言ったりもしてます。

流石に火炙りはやらなかったな・・・

でもクラスにこういう過激な子、いましたよね(笑)

『生き物』に対する行為より『人型の物』に対する暴力的な行為の方がなぜか残虐的で危険に思えてしまうのはやはり僕が人間だからでしょう。

 

他にも彼らは川下りをしたり探検したり、年相応で懐かしい遊びをしてます。

ああ、こんな頃があったなぁ~・・・なんて、観た人は思うんじゃないでしょうか

 

そんな無邪気な二人を優しく見守るのがデクスターの母、リンダです。

デクスターがどんなに無茶なことをしていても最後まで怒りませんでした。

 

やんちゃなことをすると親って大抵どんな場合でも少しは怒るんですけどね(笑)

 

エリックの母、ゲイルは夜遅くにエリックが帰ってくるととんでもなく不機嫌そうにしてました。

子供との食事の時間は一応確保はしているものの新聞片手間に静かな食卓。

仕事で忙しいとはいえ、あまり良好なコミュニケーションが取れているとは言えませんね。

デクスターと遊んでいると知ったゲイルはHIVに感染したらどうするの!とエリックを叩きます。

 

こういったところで二人それぞれの家庭での違いがよく表されています。

 

エリックとデクスターと大人

 

この作品は大人と、大人になりかけている子供との対比であると思いました。

そう思ったシーンがいくつかあります。

まずエリックをいじめていた男の子3人に向かってエリックが放った言葉。

 

「お前の弟はどうだ?」

「どうって?」

「ジャングルジムから落ちて入院した、病気がうつってる」

「ばかいえ」

「もしうつってたら、お前の弟もホモと呼ばれる」

「それで病気になって死んでーーー墓石にはこう書かれるんだ。”ホモのエディー”」

「教えてやろうか?そういう奴を殴っていじめるバカがーーーおまえなんだよ!」

 

これに対して、男の子3人は罰が悪そうに去り際にデクスターに向かって 「同情するよ」と言います

 

この3人は自分の肉親が同じ境遇であったなら、という仮定を想像し、ばかにするのをやめました。

しかし、それに対してこの作品に出てくる大人たちは、HIV感染者に近づくと自分も感染するかもしれない、という偏見を持ち、恐れ、理解しようとする精神を見せませんでした。

 

ニューオーリンズに向かう途中、デクスターが船に載せてくれた大人に対して言った、「僕の血は猛毒だ!」といったシーンや、

デクスターと遊んだと知ったゲイルの反応、エリックが草を煎じてデクスターに飲ませてしまったことで、監督不行き届きで警察に連れていかれたリンダを見に来た近所の人たちの反応。

 

まさに偏見を持たない「純粋な子供たち」と「凝り固まった考えの大人たち」の対比であると言えます。

この作品はHIVの偏見に対する大人へのアンチテーゼのメッセージが含まれていることがわかります。

 

 

大人って何だろう?

 

劇中ではエリックが、大人の女性に対して興味津々であることを示す描写がしばしばあります。思春期ですね。

 

また、エリックはニューオーリンズに向かう旅の途中、重い荷物を持ったり体調を気遣ったり身体を支えたり、夜眠れなくなったデクスターを元気づけたりと、何度もデクスターの面倒を見ています。

 

こういった描写がエリックが旅を通じて責任感のある大人になっていこうとしている、ということを感じさせます。

 

大人というものは子供には理解しがたい面がいくつもあります。

それは逆もまた然りで、親も「どうしてうちの子はこんなことを・・・」といって悩む事があるでしょう。まさにゲイルのことです。ですがその反応は何もおかしくはありません。

でもどうしてそんなことが起きてしまうんでしょうね。親も子供だった頃があった筈で、類似した行動をとっていた筈です。しかし、もう理解ができなくなっているのです。

 

映画で第3者として見ればどちらの心情も分かるんですけどね(笑)人とのコミュニケーションは難しいものです。

 

この映画には2パターンの大人が出てきます。

子供の純粋さを許す大人と、許さない大人です。

決してリンダをべた褒めしているわけではありません。彼女が特殊すぎるのです。

 

リンダはデクスターがどんなに危険な遊びをしていても、エリックがお菓子を吐くまで食べさせたり毒草を煎じて飲ませたりしても、勝手に旅に連れていかれても、何一つ叱りませんでした。

 

きっと息子の先が長くない事が分かっていて、それでいて子供らしく生きて欲しかったのだと思います。

前述で僕は「純粋な子供たち」と「凝り固まった考えの大人たち」の対比であると言いましたが、この子供というのは良くも悪くも「純粋である」と思いました。

 

エリックにとっては本気で彼を治したいと思ってやった行動が、全て裏目に出て結果的にデクスターの寿命は縮んでしまいます。

しかしその「純粋さ」をリンダは分かってて何も言わなかったのでしょう。

 

そしてデクスターを笑顔にするエリックの行動や言葉が、リンダにとってもまた、希望であったに違いありません。

 

そして親友の死を経験したエリックは、デクスターの棺に自分のスニーカーを置き、デクスターの靴を片足だけ、広大な海へと繋がるミシシッピ川に流しました。

 

 

子供は純粋であるがゆえにたくさんの過ちを犯します。 

エリックや男の子3人組はこの過ちから、HIVの偏見を持たない大人へと成長してくれるといいですね。

 

The Cure』、子供の「純粋さ」をとても良く表している、とても良い作品でした。

マイ・フレンド・フォーエバーという邦題もあながち間違ってはいないのかもしれませんね。

 

それでは。

最近見た映画の話:バイオハザード・ザ・ファイナル

こんにちは。

 

最近見た映画の話をします。

 

バイオハザード・ザ・ファイナルです。

 

f:id:kzmst:20170114162729j:plain

 

さて、今回は大人気シリーズの6作目。

 

1作目からから数えてみると・・・

 

15年!!

 

もうそんな月日が経っていたなんて・・・・

 

 

前回、ウェスカーと共に大量のゾンビが囲む建物へ逃げ込んだアリス。

 

そこからさあ、どうやって立ち向かうのか?という終わり方でしたが

 

今回はその攻防戦が終わったところから始まり、街は壊滅。

 

瓦礫の中からアリスが目覚め、出てくるところからスタートしてました。

 

他のキャラ出てこないのを見ると、ジル達は死んでしまったみたいですね。。。

 

 

 

ネタバレな話をします。もしまだご覧になってない方、ストーリー知りたくない方は見ない方がいいと思います。

 

 

 

あらすじ

突っ込みどころ満載の最終作

全体を通しての感想

まとめ

これから観に行く人へ

 

 

 

あらすじ

主人公のアリス・アバーナシーが目を覚ました時、その周りに広がっていたのは荒廃したワシントンD.C.だった。アリスはそこで巨大なコウモリのようなクリーチャー「ポポカリム」と死闘を繰り広げなんとか生還する。その後アリスは1人、廃墟と化したアメリカ合衆国議会議事堂や周辺の建物を徘徊するうちに、あるコンピューターの設置されている室内を見つける。その室内のモニターに映し出されたのはアンブレラ社の人工知能レッドクイーンだった。

レッドクイーンはアリスに「T-ウイルスに感染した、全てのものを抹消することのできる抗ウイルス剤をアンブレラ社が開発した。それはラクーンシティの地下にあるハイブのなかにある。そして、48時間以内に抗ウイルス剤を空気中へ放出させなければ、全ての人間が死亡し、アンブレラ社の真の目的が遂行されることになる。私は人類を尊重するようにプログラミングされている。しかし私はアンブレラ社に逆らうことが出来ないようにもプログラミングされている。あなたに人類を救ってほしい。」と伝える。

 

突っ込みどころ満載の最終作

 

 

もうめちゃくちゃですね。笑

そこがバイオハザードらしさでもあるんですけど笑

 

レッドクイーンは、ひょんなことから会社の本当の意図を知ってしまい、アリスを使って会社を潰そうと企みます。

 

その意図とは、ウイルスで人類一回滅ぼして、綺麗な状態からスタートさせましょう。というもの。

インフラや技術、資源などは残した最高の状態で、とか何とか言ってましたが、全世界あんな惨状になってて果たして復興できるのか・・・(笑)

 

アイザック博士も移動装甲車みたいなのに乗って出てきます。

3のやつはクローンだったみたいですね。

 

そしてウェスカー登場。

 

お前生きてたんかい!

 

しかも今回は思いっきりアンブレラ社の人間として再登場します。

反アンブレラの組織作ってたのは何だったんだと言いたいところですが

 

『全てアリスを嵌める為の罠』の一言で強引に押し切られてしまってました。

 

彼は今まで数々の罠でアリスを翻弄してきた強敵でしたが、今作はとってもポンコツです。

基本的に戦闘はしません。

 

4ではあんなに素早い動きをしてたのに防犯シャッターに挟まれて身動きが取れなくなったところをやられてしまいます。

 

そしてまたまたアイザック博士。装甲車の方は(またまた)クローンだったそうで、ハイブで今度こそオリジナルが出てきます。なんなんだ。

 

相手の動きを予測し撃退する方法までガイドしてくれるハイテクコンタクトレンズなんかを付けたアイザック博士。強敵でした。

 

しかしなんやかんやで博士も倒し、抗ウイルス薬を手に入れたアリス。

Tウイルスに感染した生物を即効で殺せるものらしいです。

外に出て叩きつけます。

 

その瞬間、向かってきてたゾンビたちが一斉に倒れこみました。

 

感染速度が凄い(笑)

 

100m以上先のゾンビも瞬時に倒れていきます。

 

どうやら風に運ばれ全世界に勝手に広がっていってくれるそうです。便利だ。

 

でも、一番最初に投げつけたときのゾンビのいる方向と風向き、真逆でした。

 

そこは手を抜いちゃあだめでしょう(笑)

 

しかもこの抗ウイルス薬、ここまで凄い感染速度にも関わらず、世界に完全に広がるには少なくとも数年かかるそうです。

そんなものなのかな?

 

全てが終わりましたが、まだ世界には沢山のゾンビが残っているので、アリスはバイクでの旅を続ける宣言をし、終了

 

 どうやらエンドロールに何かあったみたいです。

 

僕は終電が危なかったので、珍しくエンドロール中に席を立ちました・・・

 

 

 全体を通しての感想

 

かなりドッキリホラー色が強かったです。

しょっぱな水からゾンビが飛び出してきたときはかなーりビックリさせられました(笑)

 

ぎえええええ!!

 

アクションも迫力満載でしたが、この映画の撮影手法ってちょくちょく違いますよね。

3や特に5?(鎖分銅みたいなのを使ってた回)はやけにスローなアクションだったのが印象に残ってますが、今回の映画はかなりカメラワークが激しいです。

 

ホラー:アクション 4:6くらいですかね。

後半は人間同士のアクション色がかなり強いです。安心して見てました

 

あとローラ・・・なんとなく分かってたけど7,8分で退場。

 

正直演技も上手いか下手かすら分からないまま出番終了で、ガッカリでした。

 

バイオハザードは日本でかなり人気らしいので、少しでも日本人向けにしようと思ったんですかね。

 

 

 

まとめ

 

最後の作品だけあって、劇場で見れたのはよかったです。

迫力もあり、ホラー要素もこれでもかと詰め込まれています。

 

ストーリーでの謎が明かされるだとかなんだとか言ってましたが、特に驚くような内容でもないです。老け顔アリスの写真が流出した時点で何となく察する人も多かったのではないでしょうか。

 

 

 

これから観に行く人へ

 

1作目の舞台が再び、ということで、懐かしいと感じられる場面が多いところはとても楽しめましたね。

若いカップルや友達同士で見るのもおすすめです。

スリリングたっぷりでドキドキすること間違いなしです。

 

それでは以上です。

17年初登山:丹沢の檜洞丸に行って参りました。

正月休みはあっという間ですね。

 

更新しようと思っていたらいつの間にかこんなに日が空いてしまってました。

 

親戚の挨拶やら大掃除やらでやることも大体済ましたら、休みは終わってました(笑)

 

さて、さっそく新年一発目、山登りに行ってきました。

 

f:id:kzmst:20170108235734j:plain

 

神奈川県の西丹沢にまでやってまいりました。

こんな感じの山道がずーっと続いてます。

 

今回登った山は檜洞丸というところで、西丹沢自然教室の近くにあり、バスでも行くことができます。

 

丹沢は本当にたくさんの山が連なってますね。以前に1泊2日で縦断したこともありましたが、あれはキツかった・・・・(笑)

 

f:id:kzmst:20170111211041j:plain

駐車場からしばらく歩くとこんな案内があります。

 

 

矢印の方向には進まずそのまま道なりに沿っていくと入口が見えてきました。 

f:id:kzmst:20170114142254j:plain

 

冬の登山、要注意。まさにその通りです。

 

f:id:kzmst:20170114142348j:plain

 

道中にあったので安全祈願。

さて、登り始めます。

 

 

入ってしばらくはこんな感じのゆる~い道が続いてます。

 

f:id:kzmst:20170114143352j:plain

 

しばらく進むとこんな看板が。結構険しい道みたいですね。

 

私は地図は持ってきていましたが、そこまで長い道でもない為、食料を持ってきていませんでした。。。

f:id:kzmst:20170114144051j:plain

 

意を決して更に歩みを進めます。

 

f:id:kzmst:20170114144635j:plain

 

いきなり鎖場です(笑)

 

山では足場や手で支える場所が少ない急な道に鎖が引かれていることがあります。

 

そこを辿って進みます

 

半分ほどまでたどり着きました。登れば上る程雪が多くなっていきます。

 

そういえば僕の住んでいる地域では今年はあまり雪が降りませんでした。

 

f:id:kzmst:20170114145021j:plain

 

登り始めて約2時間半。

 

f:id:kzmst:20170114145816j:plain

 

山頂に到着です。

 

実は昼頃から登り始めたので、既に太陽がかなり高く上がってます。

 

早く下山しないと帰り道は真っ暗です。計画性の無さがここで出てきてしまいました(泣)

 

 

そんなこんなで下山する途中、綺麗な日の入りが・・・(笑えません)

 

f:id:kzmst:20170114151630j:plain

 

こんな時間まで山の中にいる人なんてそうそういないんじゃないでしょうか。山に一人きりで中々心細いです。

 

f:id:kzmst:20170114152000j:plain

あともう少しで下山!というところで完璧に太陽が隠れてしまいました。

 

かなり真っ暗なので持ってきた懐中電灯で足元を照らしつつ進みます。

 

幸い険しい道は既に通り越してきたので、さほど危なくはなかったです。

 

f:id:kzmst:20170114152311j:plain

無事入り口まで到着。 

動物に会わないか本当にドキドキでした。(一応鈴は持ってきていたので大丈夫だったと信じたいのですが)

 

 

冬は本当に日の入りが早いですね。

皆さんはこんな登り方はしないようにしましょう・・・

 

 

 

ブログ始めました

はじめまして。

2017年新年明けたので何か新しいことを始めようかなと思い、ブログを作ってみました。

 

このブログでは思ったことや好きなこと、趣味などを書き連ねていきたいと思います。

 

インドアな趣味は映画鑑賞と読書とゲーム

 

アウトドアな趣味は登山とドライブなどです。

 

多趣味に見えますが両立はしません(笑)なので内容に偏りが出てきてしまうかもしれません。

 

飽きっぽいところもあるかもしれませんね

 

そんな適当な人のブログです

 

趣味が共通な人は共感とかしてくれれば幸いです

 

そんな感じです